インプラント、矯正歯科、審美歯科、一般歯科 │ 茨城県 JR常磐線東海駅近く エンジェル歯科医院

ご予約はこちら(8:30-18:00) 029-287-2206

インプラント治療について

インプラントという技術を用いると、まるで自分の歯に戻ったような快適さを持つことが可能になります。
見た目も美しく自然なだけでなく、入れ歯などと違い、硬い食べ物も問題がなくなり、しゃべることにも不都合がなくなります。
通常、インプラント治療では純チタンによる人工歯根をあごの骨に埋め込むことから始めます。
この素材は人の骨と接合し安全性が高いので安心して使用できます。数ヶ月の期間をおくと人工歯根は骨と結合します。その後、人工の歯を取り付けることで終了です。

さまざまな理由から義歯に頼らざるを得なくなった方に、本当の食事のおいしさやさまざまな不都合から開放されたいと願うあなたにお勧めします。

※ご注意点
インプラント治療はどなたでもできるという治療法ではございません。
医師が治療可能かどうか正しい診断のもとで一度ご確認致しますのでご来院をお願い致します。

従来の治療法との違い

ブリッジや入れ歯・総入れ歯の場合

これらの従来の治療法は、両隣の歯を削って人工の歯をかぶせます。

デメリット
  • 噛む際に、削られた歯に負担がかかり傷みやすいです。
  • 歯根のない歯茎は、噛むことによる刺激がないため、次第にやせてしまいます。
  • 総入れ歯では、歯肉との吸着力で支えるため噛む力が弱く、食べ物が内側に入って痛かったりします。

↓

インプラントの場合

インプラントの場合は該当箇所に直接インプラントを埋め込み、その上に人工の歯冠を固定します。

メリット
  • 健康な歯を利用しないため、自分の歯を保てます。
  • 歯茎に噛む力がかかるので、歯茎を健康に保てます。
デメリット
  • 保険対象外につき、費用が他の治療法よりも高額になります。
  • オペが必要になります。
  • インプラント治療終了後も、定期検診が必要です。

インプラントを利用した総入れ歯の場合

メリット
  • インプラントが顎の骨にしっかりと固定され、ガタつきがなく安定し、天然の歯のように食事がたのしめます。
▲before
ページのトップへ

インプラント治療の流れ

ヒアリング
患者様の歯の悩みや症状などをヒアリングします。

↓

診察
実際に口の中を見せていただき、歯並びや顎の関節の状態を診察します。

↓

検査
インプラントに対しての適合性を診断し、歯型などを取ります。

↓

手術

インプラントを顎の骨に植えるために、歯肉を開きインプラントと同じ大きさの穴を骨に作ります。骨の穴にインプラントをねじ込み、固定します。固定が完了したら歯肉を閉じます。

治癒を待ち、当院では2~3ヶ月ぐらい(個人差があります)で骨とチタンがしっかりと結合します。インプラントが骨と結合したら、人工歯を取りつけるための部品を連結し、歯ぐきの形を整えます。

口の中の型をとり、仮の歯を作成します。噛み合わせを調整し、歯肉の治癒を待ちます。人工歯をインプラントに装着し、お手入れの仕方などを練習します。

↓

メンテナンス

インプラントの治療が終われば、それで安心というわけにはいきません。
歯磨きを十分に行わずにインプラントの周りに歯垢がついた状態で放っておくと天然歯と同様、歯槽膿漏のような状態になり、インプラントの周りの骨がやせてしまってグラグラ動いてしまいます。

インプラントを長持ちさせるためには、毎日の歯磨きが重要です。又、必ず定期検診を受けるようにして下さい。

ページのトップへ

インプラントの症例

審美改善の症例

▲before

▲before

▲after

▲after

▲before

▲before

▲after

▲after

歯を支える骨がやせてしまっている症例

痩せてしまった骨を骨補填材で再生し、インプラントを埋め込めるようにしました。

▲before

▲before

▲before

▲3ヶ月後

▲before

▲治療完了から5年後

▲before

▲抜歯から3ヶ月後
骨補填材にて再生治療

▲before

▲インプラント埋入から
3ヶ月後

▲before

▲治療完了から5年後

歯を支える骨がやせてしまっている症例2

上顎洞に近い非常に難しいケースでも、骨再生技術を利用してインプラント治療が可能です。

▲before

▲before

▲after

▲after

▲before

▲before

▲after

▲after

上顎洞を利用し骨補填材で環境を整えた症例

▲before

▲before

▲after

▲after

上顎洞を骨補填材で環境を整え、インプラントを植えられるようにしました。

▲after

▲after

全顎欠損の症例

全顎欠損のケースでも快適な食生活をが可能になります。

▲before

▲before

▲after

▲after

▲before

▲before

▲after

▲after

ページのトップへ